予防・メインテナンス

  • 文字サイズ

虫歯・歯周病から大切な歯を守りましょう

日本人が歯医者に行くきっかけのほとんどが、虫歯か歯周病です。このとても身近な二つの病気には、きちんと治療をしても再発しやすいという共通の特徴があります。そのため、治療と再発を何度もくり返すことになると、最終的には大切な歯を失ってしまうのです。しかし、虫歯も歯周病も細菌が原因の感染症だとわかっているため、予防が可能。「なってから治療する」のではなく「なる前に予防する」と考え、お口の健康を守っていきましょう。

梅田駅直結の歯医者「須田歯科」では、予防を重視した診療を行っています。予防専用ユニットを2台ご用意し、口腔ケアのプロである歯科衛生士が適切なメインテナンスで患者さんのお口の健康をお守りします。

定期検診~メインテナンス~の重要性

これまで歯医者は、「虫歯や歯周病になってから行くところ」と考えられてきました。しかし、悪化してから治療すると大切な歯にダメージが蓄積するので、将来的に自分の歯を失うリスクが高まってしまいます。

そのため、近年になってようやく予防の重要性が見直されるようになりました。定期検診でお口の様子をきちんとチェックするとともに、虫歯や歯周病の原因を取り除くための適切なメインテナンスを受けることこそ、歯のために本当によいことだと理解されはじめてきたのです。

定期検診に通っていれば、虫歯や歯周病があっても早期治療が可能になります。初期段階の治療なら、重症化してからの治療よりも身体的・経済的負担が少なくて済みます。

担当衛生士制を採用しています

当院では歯科衛生士が常駐し、一人の患者さんを毎回決まった衛生士がケアする「担当衛生士制」を採用。患者さんのお口の傾向を継続的にチェックすることでわずかな変化も見逃さず、スムーズかつ的確なケアをご提供します。

お口の健康管理は、口腔衛生のプロである歯科衛生士におまかせください。効果的な予防メインテナンスで、患者さんの大切な歯を末長く維持できるようサポートいたします。

予防歯科メニュー