歯周病治療

  • 文字サイズ

歯周病から大切な歯を守るために

かつて歯槽膿漏と呼ばれていた歯周病は、プラーク(歯垢)の中に棲みつく歯周病菌を原因とする感染症です。進行すると「歯ぐきの腫れ」「出血」「強い口臭」といった症状が現れ、歯ぐきや顎の骨が徐々に溶かされると、最終的には歯を失ってしまいます。

歯周病は日本人が歯を失う原因の第1位で、実に成人の約8割が罹患しているともいわれています。歯周病を甘く見ず、早目に適切な治療・予防処置を行っていきましょう。梅田駅直結の歯医者「須田歯科」では、歯科先進国アメリカで習得した世界レベルの歯周病治療をご提供しています。歯周病から大切な歯を守りたいとお考えの方は、当院へご相談ください。

歯周病検査

歯周病には、進行段階に適した治療があります。当院では、患者さん一人ひとりに適切な治療を選択するために、次のような検査を行います。

歯科用CTを導入しています

大阪市北区の須田歯科では、最新の歯科用CT「ベラビューエポックス3D」を導入しています。このCTは、1台でパノラマ撮影、セファロ撮影、3D撮影が可能。X線照射量を抑えながら、高品質画像を取得することができるパノラマX線装置です。

小さな領域の拡大撮影からお口全体の撮影までに対応。高精度な画像処理によって多角的な観察が可能になるので、歯周病の的確な診断に役立ちます。

歯周病の進行段階

歯周病は初期のものを「歯肉炎」、それ以降のものを「歯周炎」とよびます。

歯肉炎 軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
歯ぐきに炎症が起き始めており、歯みがきのときに出血することがあります。 顎の骨が溶け始めており、歯みがき時の出血に加え、冷たい水がしみたり口臭が現れたりします。 顎の骨が半分程度溶けてしまい、歯がグラつきます。歯が浮くような感じがしたり、口臭が増したりします。 顎の骨が3分の2以上溶け、歯が大きく動きます。歯ぐきが下がって歯が長く見え、膿も出て口臭がさらに強くなります。
歯周ポケットの深さは、3mm程度です。 歯周ポケットの深さは4mm程度です。 歯周ポケットの深さは6mm程度です。 歯周ポケットの深さは8mm程度です。

歯周病治療メニュー