インプラント

  • 文字サイズ

失った自分の歯の機能を取り戻す~インプラント~

歯を失った部分の顎の骨に生体親和性の高いチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に自然な見た目の人工歯を取りつけて咬む機能を回復させるのがインプラント治療。まるで自分の歯を取り戻したかのような咬み心地と自然な見た目が手に入るため、近年大きな注目を集めている補綴(ほてつ)治療です。

梅田駅直結の歯医者「須田歯科」では、歯科先進国アメリカで習得した世界レベルのインプラント治療をご提供しています。正確な治療に欠かせないマイクロスコープなどを設置した、インプラント治療専用の診療室も完備。快適な環境で、上質な治療をお受けいただけます。

インプラントのメリット

虫歯治療などのために歯を抜くこともあるでしょう。 ですが、歯を抜いたままにしておくと、様々なデメリットがあります。 抜けた歯の周囲の歯が動いたり、噛む機能が低下したり、見た目にも悪いことなどが挙げられます。 そこで、今多くの歯科医院で行っているのがインプラント治療であります。 インプラントは、歯を失った部分の顎の骨に生体親和性の高いチタン製の人工歯根を埋め込み、 その上に自然な見た目の人工歯を取りつけて咬む機能を回復させる治療方法です。

インプラント治療は、まるで自分の歯を取り戻したかのような咬み心地と自然な見た目が手に入るため、 近年大きな注目を集めている補綴治療です。そんなインプラントには、多くのメリットがあります。 そこで今回は、インプラント治療のメリットを紹介させて頂きます。

メリットとしては次のようなことが挙げられます。

1 自分の歯のような咬み心地

人工歯根が顎の骨としっかり結合しているので、硬いものでも咬めるようになります。

2 自然な見た目

人工歯にはセラミックを使用。見た目が自然で美しく、どこを治療したのかわかりません。

3 周りの歯を傷めない

バネで支える部分入れ歯や、支台となる歯を削るブリッジのように、周りの健康な歯に負担をかけません。

など、多くのメリットがあることがわかるでしょう。 また、インプラント治療を行う事により、しっかりとした噛む力を回復できることは、体の健康へと繋がっていきます。 健康の体を手に入れるには食事からというのは、そういう意味合いも含まれているのであります。

3 周りの歯を傷めない

当院のインプラント治療の特徴

補綴治療のエキスパートが治療を担当

  • インプラントの難症例はこちら
歯科用CTを用いた精度の高い診断
「3i」「ストローマン」のインプラントシステムを採用

局所麻酔

インプラントの術式

インプラント治療とは虫歯や歯周病、あるいは怪我・事故などのアクシデントによって歯を失ってしまった部分にインプラント (人工歯根)を埋め込み人工歯を装着する治療方法です。 これにより、自分の歯と同様に固い物でもしっかり噛めるようになります。 また、人工歯はセラミックなどでできており見た目が自然なため周囲にインプラントと気付かれることがないので安心です。

インプラントの術式

インプラントの術式には1回法と2回法があります。 インプラント体の改良により初期固定が改良されていますが、フィクスチャーの定着を考えて2回法が選ばれる事が多く、一方フィクスチャーの定着率は1回法と2回法で有意差はほとんどなくなってきています。 難易度の高い場合は2回法が選択され、その他の場合には1回法が選択されることが多いです。1回法の場合は手術回数が少なく安価で即日仮歯を入れる即時加重を行えるメリットもあるので安心です。ただし、小規模な診療所では導入しているインプラントの種類が少なく、診療所を選択した時点で術式が決まる場合もあるため、 診療所選びをしっかり行うことが大切です。

ここでそれぞれの術式について紹介します。

1回法の術式

1ピース1回法

インプラント埴立部の歯肉骨幕弁を剥離する。歯槽骨をドリリングしインプラント体フィクスチャー部を埴立し縫合。場合によっては仮歯を被せ1、2ヶ月後に最終綴物を装着する。

2ピース1回法

インプラント埋入予定部の歯肉弁を剥離する。骨をドリリングしてフィクスチャーを埋入。アバットメントもしくは高さのないヒーリングアバットメントをフィクスチャーに連結。インプラントが骨にしっかりと固定された状態した時点でアバットメンに最終補綴物を被せる。

2回法の術式

2回法の術式

インプラント埋入予定部の歯肉弁を剥離する。骨をドリリングしてフィクスチャーを埋入。フィクスチャーのネジ穴の部分をカバースクリューで蓋をして、剥離した歯肉を閉じる。インプラントが骨としっかりと固定された状態で2次手術を行う。2次手術では歯肉を再度剥離しカバースクリューを外しヒーリングアバットメントと交換し歯肉を閉じる。手術後1ヶ月程度あけ歯肉の形が整った段階でヒーリングアバットメントをアバットメントと交換し、最終補綴物を被せる。

術式はこのようになります。インプラント治療を検討されている方は、ぜひご参考にされてみてください。

特殊なインプラントおよび治療法

オーバーデンチャー・ミニインプラント

ショートインプラント

グラフトレス

抜歯即時・即時埋入法

フラップレス

サイナスリフト

ピエゾサージェリー

ピエゾサージェリーは、超音波振動を利用して切削部分の長さや深さを正しくコントロールし、粘膜を傷つけずに骨を切り離すことができる手術器具です。当院ではこれを、インプラント治療で顎の骨に穴を開ける際に用いて、神経や血管にダメージを与えないよう配慮し、より手術の成功率を高めます。

ソケットリフト

GBR法

インプラントの知識+α

インプラント治療に適している人

インプラントと入れ歯、ブリッジの違いについて

インプラントは歯を失ってしまった時、インプラントという人工歯根に人工歯を固定して自然な歯を作る事により審美的にもそして機能性においても天然歯に近い歯が得ることができます。 インプラントは、従来法の入れ歯やブリッジ法の欠点を克服した治療法として注目されています。

現在入れ歯やブリッジを使用中で、口臭が気になっていたり、固いものが食べにくい、発音や発声がしにくい、人前で笑ったり話したりする時に気になる、スポーツがしにくいなどの不都合を感じている人はインプラント治療で悩みを解決できる可能性があります。 歯を失ってしまい辛い気持ちでいるならば以前と同じように噛むことができ、快適な生活を取り戻すことができるインプラント治療は最適と言えるのではないでしょうか。 しかしインプラント治療を受ける前にいくつかの条件をクリアしているかチェックしておくことが大事です。

クリアすべき条件

歯周病が治癒している状態であるか
インプラント治療後を行うのに適した骨量や骨質が十分にあるか
インプラント治療後口の中を清潔に保たなければならないため
メンテナンスをしっかり行えるかどうか
インプラント治療を行うのにリスクのある疾患がないか
禁煙できているかどうか

上のことを是非、チェックされてみてください。

逆にインプラント治療に適さない方もいます。それは顎の骨量が少ない方や妊娠中の方、全身疾患のある方や喫煙される方などです。 歯茎の下の顎の骨に直接インプラント体を埋め込む手術を行うため、顎の骨の量が少ない方は骨移植などの処置を併用しなければならない場合があります。 また、妊娠中は術後の投薬やレントゲン撮影を避けなければなりません。

しかし、問題を抱えていたとしても必ずしもインプラント治療を受けられないわけではありません。 インプラント治療も日々進歩しているため、適切な処置をしたのちに治療を受けることができます。 しかし、チタンアレルギーをお持ちの方は治療を受けることができないため注意が必要です。
須田歯科では、アメリカ式の最先端のインプラント治療を受けることができます。何かわからないことがあれば、気軽にご相談ください。

インプラントと入れ歯、ブリッジの違いについて

噛み合わせは非常に重要なので、歯の欠損や失った場合、様々な方法で歯を取り戻す方がいるでしょう。 歯を取り戻す方法として入れ歯を入れたり、インプラント治療を受けたり、ブリッジ治療を受ける方がいらっしゃいます。 ですが、インプラントと入れ歯、ブリッジの違いについては詳しくない方も多いのではないでしょうか。 そこで、今回は少しではありますが、インプラントと入れ歯、ブリッジの違いについてそれぞれご紹介をしたいと思います。 入れ歯を入りたい方やインプラント治療、ブリッジ治療を受けたいと考えている方に参考になれば幸いです。

まずは、インプラントと入れ歯、ブリッジそれぞれの違いについてご紹介します。

インプラントと入れ歯、ブリッジの違いについて

入れ歯とは

入れ歯は、歯が多数欠損した場合や、両隣に支えとなる歯がない場合に行う治療法のことです。 周りの歯にバネをかけて入れ歯を支える部分入れ歯や歯茎の上に乗せる総入れ歯などがあります。 部分入れ歯はクラスプと言われる留め具を前歯や奥歯にかけて義歯を固定します。 総入れ歯は、上顎の口の粘膜に密着し、下顎は歯茎の上に装着します。

インプラントと入れ歯、ブリッジの違いについて

インプラントとは

インプラントは、歯のない部分に人工の歯根を埋める治療法のことを言います。 チタン製の人工歯根と骨が結合するので、ぐらつかず、天然の歯と変わらずに噛む事ができるのが特徴と言えるでしょう。 ブリッジの特徴ですが、失った本数が1~2本の場合に行う治療法です。 歯のない部分を補うために両隣の歯を削り、連結した人工歯で橋をかけます。 短期間ででき、外科的な治療は基本的には必要ありませんが両隣の歯が差し歯の場合はできないことがあります。

このように歯を取り戻すためにはいくつかの方法があります。 入れ歯の装着時に異物感があり発音が阻害されてしまう方、ブリッジをすることで健康な歯を傷つけたくない方など、あなたにとって最善の方法を探してみてはいかがでしょうか。 歯が欠けたり失われてそのままにしていると健康への悪影響にもなるので、気軽に須田歯科スタッフまでお尋ねください。

インプラントストーリー

インプラントの歴史

インプラントの治療は外科手術と同じといわれる程、とても膨大な治療になります。
はたして、この治療法はどのようにしたことがきっかけだったのでしょうか?
また、インプラントや差し歯はいつの時代から、どこではじめられた治療法なのでしょうか?

インプラントの歴史

インプラント治療の起源は、歯が抜けたところにエメラルドの歯根が植えられたミイラがインカ帝国時代のペルーで発見されたことが始まりだそうです。 中国やエジプトでは、象牙の歯が植えられた人骨も発見されています。
古代ギリシャでは、権力者が奴隷の歯を抜いて自分に埋めたという説もあったそうです。 その後に、入れ歯が発見され発展していき、中世ヨーロッパでは、健康な人の歯を買って人工歯にしたり、象牙や牛の骨などを用いて行なわれていまいた。 若く貧しい女性が自分の髪と歯を売って生活をしていた時代もあったそうです。

現代でいう銀歯・金歯も、今から100年前に注射針と同じ金属をバスケット状に加工して口の中に入れたのをはじめ、体の害に影響がないと判断し、今でも主な治療法として役立ってきております。 その後も様々な方法で試行錯誤を繰り返され、現代の人工歯根になっていったのです。

インプラントは実際に広く使用されるようになったのが1940年代で、骨と粘膜の間にフレームを入れる骨膜下インプラントという方法が考えだされました。 1950年代からはチタンが使われるようになり、インプラントは飛躍的に発展したのです。
チタンは、アクセサリーや様々なものによく使用されており、アレルギーにもなりにくく、まさにインプラントには最適な素材といえるでしょう。

インプラントの歴史

日本では、普及が10年遅れており、欧米を中心にすごい勢いで普及してきました。アメリカや、スウェーデンで10倍、ドイツで5倍程度日本では遅れていることがわかります。 日本独自の医療制度のため、普及の遅さが主な原因になっているようです。
また、インプラントが日本に入ってきた当時の治療技術が低かったために、インプラントがうまく機能しなかった事例があったことも原因の一つとなるのでしょう。しかしながら、現代ではインプラントの技術を積極的に学び、治療に取り入れようと懸命に努めている歯科医師が増えているのが事実です。

須田歯科では、毎年学会への参加や発表を継続的に行い、日本でも世界基準の治療が受けれるように努力しております。

インプラントの歴史を知り、新たな視点が増えたのではないでしょうか?

インプラント治療に関する詳細は、須田歯科併設の「大阪審美インプラントセンター」へ