審美歯科

  • 文字サイズ

健康で美しい、理想的な口元に

口を開けたときに見える銀歯やすきっ歯など、口元の見た目に自信がなかったり、コンプレックスを抱えたりしている方は少なくありません。そういった見た目のお悩みを解消したい方は、梅田駅直結の歯医者「須田歯科」へご相談ください。

私たちは、「お口の見た目さえよくなればよい」とは考えません。きちんとお口全体のバランスや咬み合わせなどをチェックし、包括的な処置・治療を行っています。「健康で美しい口元」こそ、理想なのです。口元に自信を持ち、ステキな笑顔を手に入れませんか?

審美歯科治療のメリット

審美歯科治療を受けることで、自然で美しい口元を手に入れられるだけでなく、次のようなメリットもあります。

金属アレルギーのリスクがない

虫歯治療に使われる銀歯には、だ液によって成分がイオン化して溶け出し、金属アレルギーを引き起こすリスクがあります。審美歯科で金属を用いない治療(メタルフリー治療)を選択すれば、その心配がなくなります。

歯ぐきが黒ずまない

銀歯がイオン化して溶け出すと、歯ぐきが黒ずんでしまうことがあります。セラミックの技工物を使用すれば、そうした黒ずみが出ることはありません。

虫歯の再発リスクを低減できる

銀歯を装着するときに使用するセメントは接着力が弱く、すき間をつくって虫歯を再発させてしまうことがあります。セラミックの技工物ならそうしたすき間がほとんどできないため、虫歯の再発リスクを大幅に減らすことができます。

須田歯科のエステティックリハビリテーション

当院の審美歯科治療は、エステティックリハビリテーションを採用しています。従来の審美歯科の歯をきれいにすると同時に、機能的で長持ちする歯をご提供致します。また、歯が変わるだけでなく、生活の変化、さらには人生が変わるような歯科治療を体感してみませんか?

エステティックリハビリテーションの症例はこちら

  • 症例CASE01
  • 症例CASE02
  • 症例CASE03

院内ラボでよりよい技工物をご提供

当院では、院内ラボに歯科技工士が常駐。実際に治療に立ち会って人工歯の色や形状を確認できるため、美しくぴったりの技工物をご提供できます。外部に発注するケースに比べて医師との連携も非常にスムーズ。短期間でよい技工物をつくることが可能です。

そして、もし患者さんが「さらによいものを」とご希望された場合には、"世界一の歯科技工士"と呼び声高いWilli Geller(ウィリー・ゲラー)に選ばれた40名の技工士グループ「オーラルデザイン・ボストン支社」(アメリカ)に作製を依頼することも可能です。最高品質の技工物をお求めの方は、ぜひご相談ください。

審美歯科について

みなさんは最近審美歯科という言葉をよく聞きますか? 審美歯科というのは従来の虫歯を治す歯科とは違い、歯の美しさに重点を置いた医療分野になります。 歯というのは人それぞれ歯並びが違ったり色が違ったりします。 歯並びや歯の色がコンプレックスになってしまうときもあるのではないでしょうか。 そういったコンプレックスの解消に力となってくれるのが審美歯科です。

審美歯科について

歯並びはその人の印象を決める重要なポイントになります。 やはり、キレイな歯並びの方が見た目も良いですし、笑顔もキレイだと思います。 歯並びの悪さというのはコンプレックスになりやすい部分です。 また、歯並びは機能性にも関わってくる非常に重要な部分です。

審美歯科ではそんな歯の矯正も行っていただけます。 従来のワイヤーを用いた矯正方法も可能ですが、近年人気なのがセラミックを用いた矯正方法です。 セラミックは生体親和性の良い素材ですので、安全に使用する事ができます。 また、セラミックは非常に見た目も良く美しい歯になる事ができます。 短期間での治療も可能なので、なるべく早く綺麗な歯を手に入れたいという方にも人気があります。

審美歯科について

審美歯科では歯のホワイトニングもできます。 歯というものはいろいろな汚れが付着しています。 とくに大変なのが、ワインやコーヒーなどによってステイン汚れが付着することです。 また、タバコを喫煙している方にはヤニ汚れが多いです。 ステインは通常の歯磨きではなかなかキレイに落としきる事ができないので、歯に蓄積され、徐々に変色させていってしまいます。 黄ばんでしまった歯は見た目にも良くありませんし、相手に不潔な印象を与えてしまいます。

そういった歯はホワイトニングを行えば、白く綺麗に輝く歯にする事ができます。 歯の色が清潔になると笑顔も素敵になるのではないでしょうか。 相手の不快感も軽減できますので、マナーの1つとという意味としてもホワイトニングは重要です。 歯に悩みがある場合は気軽に審美歯科へ相談することをおすすめします。

当院の審美歯科メニュー

審美歯科治療の医療費控除について

審美歯科治療の医療費控除について

歯を白くしたい方や歯茎の色が悪い方、タバコのヤニでお困りの方などで審美歯科治療を受けたい方は多くいらっしゃるのではないでしょうか? ですが、審美歯科治療には残念なことに保健が適用されません。 保健が効けば1割負担や3割負担となるのですが、保険が適用できないため全額負担という形をとるしかありません。 歯をキレイにしたいのに、その為に生活が苦しくなることを考えると中々治療に踏み切れないという方もいることでしょう。

そこで、費用の一部でも還してもらうための方法として医療費控除という手段があることをご存知でしょうか? 医療費控除とは、本人や家族が病気や怪我をした時にかかった医療費を所得から差し引く事ができる制度のことです。

審美歯科治療の医療費控除について

医療費控除の中で挙げられる医療費としては、美容を目的をした治療以外の医師や歯科医師による診察代・治療代、治療・療養のための医薬品の購入費、 通院費用や入院の部屋代・食事代などがあります。 そして、審美歯科でかかった費用も医療費控除の対象となる場合があります。 歯科での治療費は申告すれば医療費控除の対象となり審美歯科も控除することができる場合があります。 審美歯科にかかる医療費はとても高額なものになりますので相談をすることが非常に大切になってきますので、かかり付けの歯医者さんがいる場合は、 審美歯科について聞いてみると良いでしょう。

そして、通院にかかった費用も一部の適用外を除いて公共交通機関を利用した場合は返還してもうことができます。 これは家族などの付き添いなどで使用した交通費も対象になっています。 もし数年前に支払った費用で申告をしていない場合でも5年以内なら有効ですので諦めずに申告をして、返還できるように手続きすることも大事です。

このようにして制度を利用することにより、審美歯科治療を受けることができ、美しい歯を手に入れることができるのです。 今はインターネットも普及しており、医療費控除についても詳しく知ることができます。 まずは、医療費控除について知識を得てから、歯科医院にかかるのも良いと思いますよ。

ホワイトニングメリット

歯の黄ばみや茶色くなってきていることが気になっている方は多いのではないでしょうか。
そんな方は審美歯科でホワイトニングすることをおすすめします。
ホワイトニングのメリットは、なんといっても歯を白くできることです。
歯の色が気になってしまって、歯を見せて思いっきり笑う事が出来ない人にとっては、明るい自分を手に入れる良いきっかけになるでしょう。

ホワイトニングメリット

ホワイトニングは、被せ物を使用したりせずに、歯の表面に薬剤を添付するので、自分の歯を削ることは不用意なので安心です。 自分の歯を削ったり、抜いたりしないので歯へのダメージや心理的な負担が比較的少ない治療だそうです。
また、使用するホワイトニング剤の主要成分である過酸化水素は、米国食品医薬品局でも安全が保障されており、安全性については問題ないといえます。 ホワイトニングを行う回数や期間によって、ある程度希望の色に調整することができます。

治療期間については、変色の状態や原因、どこまで白い歯を希望するかなどによって変わります。 また、施術方法やホワイトニング剤の濃度にもよって異なりますが、オフィスホワイトニングでは1~3回の通院、ホームホワイトニングでは2週間~数ヵ月といわれています。 ラミネートべニアやセラミッククラウンなどの他のホワイトニング治療と比べて、治療費を抑えることができるので経済的です。

ホワイトニングメリット

歯を白くするホワイトニングは、ホワイトニング剤を歯の表面に塗り、エナメル質内に入り込んだ着色物質を分解し除去する方法です。 その機序ですが、ホワイトニング剤に主成分として含まれる過酸化水素や過酸化尿素は一定温度になると、酸素と水に分解します。この分解時に発する酸素が、歯の着色物を無色透明に分解します。ホワイトニング 剤から発生した酸素は、エナメル質表層のエナメル小柱の構造を角状から球に変化させる作用があり、 球状となったエナメル小柱表面に光が乱反射して、曇りガラスのようなマスキング効果を得ることができ、結果として歯が白く見えるというようになっています。